ドクターX!遠藤憲一の降板理由は〇〇〇!?

米倉涼子さん演じる、大門未知子の「私、失敗しないので」が決め台詞で、視聴率も高い人気のドクターX

新シーズンも始まり、さらに人気が加速しそうですね。

シーズン4で遠藤憲一さんが演じる海老名敬が出演しませんでしたが、降板されたのでしょうか?今後は出演しないのでしょうか?その理由をまとめました。

ドクターX

「私、失敗しないので」

米倉涼子演じる大門未知子が放つこの決め台詞が有名なドラマです。
大門未知子は特定の病院などに属さない、フリーランスの外科医の活躍を描きます。

テレビ朝日系 木曜 午後9時~午後9時54分
制作局:テレビ朝日 ザ・ワークス
企画:古賀誠一(オスカープロモーション)
監督:田村直己・松田秀和・山田勇人
脚本:中園ミホ・武井彩・林誠人・寺田敏雄・香坂隆史・宇田学
プロデューサー:内山聖子
ナレーター:田口トモロヲ
音声:ステレオ音声
字幕:文字多重放送

主人公・大門未知子

大門未知子(だいもん みちこ) 米倉涼子
昭和51年1月7日生まれ
広島県呉市出身
好きな食べ物:焼肉・牛丼・たい焼き・お寿司

大学を卒業後、東帝大学病院外科医局に入局したが、1年半ほどで退局をし、キューバの大学医学部に進学します。

そこで僻地医療・船医・軍医を経験したのち、日本へ帰国し、現在は神原名医紹介所に籍を置きます。

大学病院内の階層制度を無視する言動によって一度は解雇処分されますが、新しく第三病院院長になった毒島龍之介(伊東四朗)によって再雇用されることになりました。

医師としての能力はかなり高く、状況変化や環境から想定をする洞察力も優れており、医療ミスは絶対に起こさないと自ら宣言しています。

「私、失敗しないので」

病院内の暗黙のルールとしてある付き合いなどを全て断り、医師免許がなくてもできることも全て断ります。周囲とも付き合うこともない一匹狼の女医を貫き通します。

「いたしません」

ドラマの中では「専門医のライセンスとたたき上げのスキル」としてしか表現しておらず、専門は明らかになっておりません。

銭湯通い・卓球・公営ギャンブルの趣味もあり、ドラマのシーンでもよく登場します。

麻雀のシーンは多いですが、手術以外のスキルはなく、負け越してばかりです。

未知子の父・大門寛も天才的な外科医で小さな町の診療所や紹介所をしていましたが、毒島の陰謀によりたたまざる負えなくなり、多額の借金を抱えてしまいます。

そこで救世主として現れたのが、神原晶(岸部一徳)です。

借金を肩代わりし、大門寛を雇いました。その父の借金が残っているため、未知子も神原の元で働いています。

 

その大門未知子と対立している海老名敬はどんなプロフィールなのでしょうか。

 

名脇役・海老名敬

海老名敬(えびな たかし) 遠藤憲一
昭和38年6月28日生まれ
栃木県宇都宮第一高等学校出身・東帝大学医学部出身

 

「どこまでも姑息な男」であり、上に弱くて下に強く、蛭間重勝(西田敏行)や理事たちの権力者にひたすら尽くします。

卓越した「御意」力を持つ人で、「御意3兄弟」とも呼ばれる長男です。

ドラマ内でも海老名が「御意」と言うシーンはたくさん出てきます。

出世欲が原動力のようだが、本当は一人でも多くの患者を救いたいという意志も忘れてはいない、意外と純情な医師なのです。

蛭間が仕組んだ策略を、土壇場で未知子と共感して台無しにしてしまうこともあり、敵なのか味方なのかわからない故、憎めない存在ともなっています。

時に未知子に助けられたりもします。

実際にはありえない論文を海老名が書いてしまったのですが、未知子が実現して成功してしまうこともあったり、海老名が執刀おらず、本当は未知子が執刀した多臓器体外摘出腫瘍切除の手術によって、名ばかりの執刀医になったりと、大門未知子のおかげで評価を受けてきたりしています。

遠藤憲一さんのプロフィール

本名:遠藤憲一
相性:エンケン(さん)
所属:エンズタワー
生年月日:1961年6月28日
出生地:東京都品川区
学歴:横浜商工高等学校(横浜創学館高等学校)中退
身長:182cm
職業:俳優・ナレーター・脚本家
活動期間:1979年~
功績:第16回高崎国際助演男優賞受賞

 

根は真面目な青年だったが、高校入学から周りに影響をされてグレてしまい、学校に嫌気をさして中退してしまったようです。

嫌なことがあるとすぐに投げ出してしまう性格だったそうで、中退後はアルバイトを転々とし、ある日見つけた劇団員募集の広告を見て入団したのが俳優業のきっかけのようです。

今では強面な顔でもありながら、シリアスな悪役からコミカルな役柄まで演じる超人気俳優になり、その他にもCMやドキュメンタリーに出演することもあり、お茶の間で見たことがない人のほうが少ないでしょう。

現在は連続テレビ小説「わろてんか」に出演。遠藤憲一さんはてんの父親・藤岡儀兵衛役として出演されています。

遠藤憲一さんは1つ年上の女性と結婚しており、かなりの恐妻家だそうです。

結婚前は当時タレントをしていた奥さんのほうが収入が多かったという噂も。遠藤憲一さんが立ち上げた個人事務所には全面的なバックアップを行い、現在ではマネージャーとして腕を振るわせているそうです。

ドクターXの視聴率

2017年10月12日(木)9時~

ドクターXシーズン5の初回が放送されました。

初回は10時9分まで拡大の視聴率は番組平均視聴率が20.9%の高視聴率でした。

10時1分の時点で瞬間最高視聴率が23.8%をマークし、今年の民放連ドラで初めて20%越えをしました。

これまでも高視聴率を獲得してきたドクターXですが、果たして遠藤憲一さんは出演しているのでしょうか。

 

遠藤憲一さんの降板理由の真相は!

今は人気の高い海老名敬を演じる遠藤憲一さんが、降板される理由は一体どこにあるのでしょう。

遠藤憲一さんはシーズン4では降板と言うよりは、必殺仕事人に出演されており、ドクターXとの撮影スケジュールが合わなくて、出演できなかったようです。

必殺仕事人では瓦屋の陣八郎として出演されています。

30年ぶりの主演だったそうで、30年前はデビューしたての頃の仕事だったようですね。

当時は何もわからぬまま撮影が終わったそうで、今回の必殺仕事人はしっかりと撮影できたようで、本人は嬉しいようです。

人気俳優とあってお忙しいようです。不祥事などの降板ではなく、人気俳優故の理由ですので、これからもドクターXでも活躍を期待したいですね!

ドクターX・シーズン5

10月12日に初回放送されたドクターXには、しっかりと遠藤憲一さん演じる海老名敬として出演されていました!

米倉涼子さんは出演作の中でも初めてのシーズン5となりました。

最初は媚びない未知子でしたが、シリーズを通して少しずつ付き合いにも参加するようになりました。シーズン5ではどんな姿を見せてくれるのでしょうか。

海老名は、蛭間によって国立高度医療センターの金沢分院外科部長より、東帝大学系列を解雇されてしまいましたが、新病院長に雇われて、総合外科副部長として、猪又孝(陣内孝則)鳥居高(段田安則)と共に働きながら、次期総合外科部長の座を狙っております。

シーズン4で最後に蛭間は、中国の病院にスキルの高い医師を大量に引き抜かれてしまった責任を負って、東帝大学病院病院長の座を降りることとなりました。知床分院に左遷され、隠居を決意しましたが…果たしてどうでてくるのでしょうか。

新たに東帝大学病院初の女性院長となった、志村まどか(大地真央)も登場して、未知子とどのように対立していくのでしょう。そして、蛭間と海老名はどのような行動をしていくのでしょうか。

今後のドクターXの行方に目が離せませんね!

以上、ドクターX!遠藤憲一の降板理由は〇〇〇!?についてでした。

 

【関連記事】

ドクターx 動画 第1シリーズ ⇐こちらから見れます!