コウノドリ 鴻鳥サクラ役 綾野 剛の役柄とは?ポヤングソース焼きそばとはw

2015年10月から放送開始されましたコウノドリでは思わず目頭が熱くなるシーンが満載で涙腺崩壊なストーリーとなってますよね。

ちなみに漫画がドラマの原作になっています。独特なタッチで主人公ら鴻鳥サクラ役の綾野 剛さんの髪型もちょっと変ですが、、、ドラマでは学ぶことが非常に多く今作も気になるところです。

そんな素敵な作品を綾野剛さんはじめ現在活躍している俳優さん達が演じてくれるみたいです。あらためて、コウノドリの鴻鳥サクラ役 綾野 剛の役柄について気になりますよね?そちらをテーマにして調べていきたいとおもいます。

まず、コウノドリを基本情報から紹介していきます。

コウノドリとは?

主人公の鴻鳥サクラは生まれてすぐに、唯一の肉親だった母親を亡くしました。その後、児童養護施設に預けられ、そこで代理の母の(保育士)に育てられたのです。

その施設ではピアノを教わり、幼いながらも「おれ、医者になる!ピアニストにもなる!」とサクラは言っていたそうです。

そんな夢を抱いて育ったサクラ少年も大人になり、ジャズピアニスト、産婦人科医の2つの肩書を持つ夢を実現しました。

彼が奏でるピアノの音色は人を魅了し、また、コンサートを開けばチケットは直ぐに完売してしまうほどの盛況ぶりです。

しかし医者という立場からコールがかかれば演奏を中止して帰ってしまうこともしばしばで、この場面はドラマ中でもよく出ていましたよね。

時には開演10分で終了になってしまうこともありますが、彼が医者であることを観客は知らないのです。

ジャズピアニストとして年齢・経歴は不明とし、ウィッグを付けて黒のスーツに身を固めた彼はベイビーという名で活動しています。

彼のピアノの技術が高いのは言うまでもありませんが、そんなミステリアスな存在もまた人を惹きつけてやまないのでしょうね。

しかし本業はあくまでも小さな命と関わる産婦人科医です。コールがかかれば彼が勤めるペルソナ総合医療センターに戻らなければならないため、搬送された出産間近の妊婦や出産を控えた家族のケアにあたっています。

医者、助産師、母親、父親、その家族などそれぞれの立場、様々な状況をリアルに描いた作品となっています。

実は『コウノドリ』は、鈴ノ木ユウによる日本の漫画です。産婦人科を舞台にした作品で、2012年35号から『モーニング』(講談社)で連載中ということで、連載開始当初は短期集中連載としての形でありましたが、2013年春から正式な連載が始まりました。

2015年10月から実写テレビドラマ化され、同年12月まで放送されました。2017年10月から第2シリーズが放送予定です。

楽しみですよね!!

コウノドリ 鴻鳥サクラ役 綾野 剛の役柄に入る前に、登場人物についておさらいしていきたいとおもいます。マンガでは登場人物としてこのように紹介しています。

 

コウノドリ・登場人物

*鴻鳥 サクラ(こうのとり サクラ)

産婦人科医で、本作の主人公です。謎のジャズピアニストベイビーでもあります。
温厚な性格ですが、冷静な判断力を持っています。また可能である限り患者の希望を第一に優先する産婦人科医です。その一方、ジャズピアニストとしてウィッグを付けてベイビーという名で活動しています。今作ドラマでもコウノドリ鴻鳥サクラ役は綾野 剛が演じます。

 

*下屋 カエ(しもや カエ)

産婦人科医。女医であるが故に産婦人科ではオンコールではない日でも諸事情で呼び出しになる場合があります。それは妊婦が女医を希望することがあるためです。

28歳で医師としてはまだ若手で同じ若手であるはずの同期の白川(新生児科医)の生意気ともとれる態度に腹を立てています。

ベイビーのファンを自称していますが、鴻鳥がステージに立つ場合、下屋が当直になり、ライブに行けたことはない様子です。控え目な印象でありますが、友人が子宮外妊娠で来院した時は感情的になる姿も見られました。また、せっかちなところもあるのです。好物は焼き肉で独りで行くほど好きということでした!

アルバイト先の妊婦が亡くなったことを機に、希望して救急救命科に異動しました。

 

*小松 ルミ子(こまつ ルミこ)

助産師。15年前、鴻鳥が研修医時代に当直のアルバイトをしていた「岡中央病院」で出会いました。当時から助産師をしており鴻鳥がベイビーであることを知る数少ない人物です。

15年前から黒髪のお団子頭で、見た目は変わっていないように見えるのですが、四宮から「老けたね」と言われています。愛煙家で、好物は豚足。冷えたビール・煙草・豚足が「恋人」だそうです。

 

*四宮 ハルキ(しのみや ハルキ)

産婦人科医で、鴻鳥の同期。無表情で冷血漢に見られますが、研修医時代から5年前までは笑顔で患者や同僚に接していた様子です。5年前のある出産があり、患者に好かれるよりも嫌われても患者を救うことに重点を置くようになりました。

鴻鳥のことを「サクラ」と下の名前で呼ぶことも多く、鴻鳥も「四宮」と呼んでおり、5年前の件で泣きながら話す姿から旧知の仲ということが伺えますね。

実は実家も産婦人科医院であることが鴻鳥の発言により発覚しました!好物はジャムパンと牛乳なんだそうです。

 

*船越(ふなこし)

麻酔科医。いつもダジャレを言い、周囲の空気を麻痺させちゃいます。
ちょっと大きめのマラソン大会のためにいつもトレーニングをしています。

 

*加瀬(かせ)

救急救命科医。船越とセットで登場することが多く双子の娘がいます。患者の命を助けられた時は高めのアイスを食べて自分へのご褒美にしているシーンが印象的ですね。

 

*白川(しらかわ)

新生児科医。下屋の同期です。同期の彼女に対し歯に衣着せぬ発言が多いため、下屋からは「生意気」と言われています。

 

*院長

「聖ペルソナ総合医療センター」の院長。鴻鳥がベイビーだと知っていながら、バレなければいいというスタンスで副業を許しています。くみたんという愛人がいるそうです。

 

*今橋(いまはし)

新生児科医。よく喋る大人と子供が嫌いです。しかし、ドラマ版とは異なり私生活は不明です。

 

*新井 恵美(あらい めぐみ)

新生児科医。常に冷静で責任感が強く、患者やベビーに対し真摯に向き合っています。また、加瀬も「どこの美人かと思ったら…」と表現しており、作中でも美人として描かれている様子ですね。パートナーとも順調ですが、ある新生児の父親の一言が胸に突き刺さり、一線を離脱します。

 

*赤西 ゴロー(あかにし ゴロー)

研修医で赤西産婦人科医院院長の息子です。初登場時は前期研修医で、父親と同じ産科医をなることに疑問を持たない、「熱血ではない」研修医でありました。その後、実際の研修・ケースを通し産科医以外の道を選ぶことも視野に入れ始めましたが鴻鳥からあることを知らされ、前期研修を終えるころには産科医を目指すことに迷いのない様子が描かれています。

 

*倉崎 エミ(くらさき エミ)

救急救命科に移動した下屋の代わりで産婦人科医としてサクラ達の元に配属された女医です。サクラと四宮とは10年来の知り合いで、10年前に2人が研修医だったころに医学生として配属されていました。NICUの医師の井川と結婚していましたが井川の浮気が発覚し離婚。その時妊娠していた娘を一人で育てているシングルマザーでもあります。

 

登場人物を紹介したうえでテーマである、コウノドリの鴻鳥サクラ役 綾野 剛の役柄とは?についてせまっていきます。

 

コウノドリ 鴻鳥サクラ役 綾野 剛の役柄とは?

さきほども鴻鳥サクラについてお話ししましたが更に詳しく!本作の主人公ですね!謎のジャズピアニストベイビーでもあります。

男性。誕生日は12月8日。

医師である時の容姿は「もじゃもじゃ」と称されることもある長髪がとても印象に残りますよね。睫毛もとても印象的です。ベイビー時はウィッグを着用し、化粧もしているのだとか。

好物はカップ焼きそば(ポヤング・ソースやきそば)。常備する程よく食べていますが、急なお産の対応をしているうちに、同僚に食べられてしまうことたびたびがあります!

ベイビーの素性として「年齢経歴は不明 わかっているのは児童養護施設で育ったということだけ」とあり、鴻鳥自身も児童養護施設で育っています。事情を知る院長からはベイビーであることが分からないように、と諭されています。

実母は「幸子」という名前でシングルマザーでしたが、自身を身籠った際に子宮頸がんを患い、サクラを産んだ後まもなくして亡くなったということでした。サクラは幼いころには、喘息の持病もありました。

はじめてドラマを見たときにたしかに、髪の毛にはとても印象的でした。役柄としてはとても温厚な性格で、冷静な判断力を持っているということで、可能である限り患者の希望を第一に優先する産婦人科医ですが、このような産婦人科医に診てもらいたい妊婦さんはきっと多いでしょうね。

コウノドリ 鴻鳥サクラ役 綾野 剛の役柄とは?ということで簡単に役柄を紹介しましたが、次は鴻鳥サクラを演じます綾野 剛さんについて調べました。

 

鴻鳥サクラ役 綾野 剛について

*綾野 剛 1982年1月26日生まれ。

俳優さんで岐阜県出身です。身長180cm。

トライストーン・エンタテイメント所属だということです。実は、綾野剛さんはコウノドリが記念すべき単独初主演で演じた役柄なのです。

今回再び挑戦することとなりましたが、前作が終わって3~4ヶ月後頃にはオファーをされていたそうで「1年以上前から決まっていたので、ずっと僕の中で『コウノドリ』は生き続けたまま今まで来ています。

またその“命”に関わる作品に、それを超えていろんな方々と関われる作品に、そしてまた『コウノドリ』という作品が愛されたのだと思うと感謝しかありません」と喜びを言葉にしていたそうです。

 

コウノドリ 見どころ

サクラとともに働くペルソナ総合医療センターの産婦人科医・下屋加江役の松岡、助産師長・小松留美子役の吉田、サクラと同期入局の産婦人科医・四宮春樹役の星野、新生児科の医師・白川領の坂口、サクラが尊敬する新生児科の部長であり、産婦人科も含めた周産期センターのセンター長・今橋貴之役の大森のほか、清野菜名、浅野和之、江口のりこらが前作と同じキャラクターを再結集しているところは更に見どころですよね。

コウノドリ 鴻鳥サクラ役の綾野 剛の役柄のなかである謎のジャズピアニストのベイビーも楽しみです。謎だから更に気になるんですよね!

新メンバーも増えるそうで、これまで作り上げてきた『コウノドリ』の世界観を大切にしながらも、ペルソナメンバーの新たな一面やそれぞれのメンバー同士の化学反応を引き出しているということで、新ドラマコウノドリ楽しみですね。

それでは、今回はコウノドリ 鴻鳥サクラ役 綾野 剛の役柄とは?ポヤングソース焼きそばとはwについてでした。