科捜研の女のシーズン17の放送が10月19日から始まりましたね!

とても長いシーズンでやっておりますが未だに飽きないドラマなので本当にすごいなと思わされます。

その中でも気になるのがロタ君。ロタ役の方はもう変更のでしょうか?

そこで今回は、科捜研の女のロタについてや科捜研の女シーズン18についてご紹介したいと思います!

科捜研の女18のあらすじとは

京都府警察音楽隊が毎年恒例で開催している嵐山コンサートの辱全、トランペットの隊員が食中毒にかかってしまい、急きょトランペット経験者の日野が助っ人として出演することになりました。

当日マリコらも見守る中、コンサートが開始されますが、土門から嵐山のとある崖下で女性の遺体がみつかったとの連絡が入ります。

被害者は今野恵。

遺体は頸動脈を切られており、どこか別の場所で殺害されたと思われます。

被害者が所持していたギターのスライドバーに付着した指紋から、警察音楽隊のギタリスト・勝間田徹が浮上します。

また、採取した血液から検出された「暖竹」という植物が木管楽器のリードに使われる素材であることもわかりました。

勝間田は被害者との面識を否定するが、警察音楽隊と犯人の接触を睨んだマリコが、彼らに楽器の提出を要求します。

音楽隊隊長の入間裕一や広報課長の前川啓太郎は音楽隊の中に犯人がいるかのような捜査の仕方に不満をあらわにします。

音楽隊の楽器などを詳細に鑑定した結果、牧村圭と長谷川麻衣の楽器ケースから同じ黒い繊維片が見つかりました。

その黒い繊維片からマリコと土門は、事件に隠された意外な真実に気づき始めます。

さらに日野が指摘した、コンサート中の楽団員たちの不審な行動からある可能性が導き出されて…マリコらが音楽鑑定で暴いた真実とは?!

科捜研の女18のキャストとは

◆沢口靖子(榊マリコ)

京都府警科学捜査研究所、通称科捜研の法医研究員。

「科学は嘘をつかない」を言条とし、抜群の勘、センス、探求心で事件の謎を解く名物研究員です。

私生活ではバツイチ。土門とは互いに強く信頼し合う関係です。

◆内藤剛志(土門薫)

京都府警捜査一課の刑事(警部補)。

一匹狼的な性格で、ついマリコとともに捜査に突っ走ります。

妻とは死別していて独身です。

過去の部下の殉職について責任を感じています。

◆若村麻由美(風丘五月)

洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。

第八シリーズから登場しています。

のんきで容器な、一男一女の母です。

マリコとは正反対の性格ですが、公私ともによきパートナーとなっています。

過去作では科捜研への手土産が事件解決のヒントにもなることがあります。

◆風間トオル(宇佐見裕也)

科捜研の科学担当。

2011年スペシャルから登場しています。

前職は国立航空科学研究所の技官で航空及び空港テロに備え爆発物や化学兵器の防犯、研究をしていました。

海洋や気象などにも詳しいです。

マリコからの信頼も厚いです。

◆金田明夫(藤倉甚一)

京都府警賢治部長(警視)。第13シリーズから登場しています。

頑固一徹な性格で、金田うては現場第一主義を貫く使う筋金入りの鑑識員でした。

科捜研はあきまで裏方で捜査に首を突っ込みすぎるマリコに批判的でしたが、最近はマリコの功績も鑑み、以前より理解を示すようになっています。

◆斎藤暁(日野和正)

科捜研所長。

担当は文書鑑定です。

筆跡や印影、写真複製物等により印字された文字の識別などを行います。

警視庁科捜研から京都府警に単身赴任中です。

いつもやる気がなさそうに振舞うが実は正義感です。

マリコの無茶ぶりをいつもシブシブ引き受けています。

◆渡部秀(橋口呂太)

科捜研の物理担当で、銃器鑑定、機械・建造物の破損、交通事故解析などを行います。

第16シリーズから登場しました。

天真爛漫で愛嬌があり、気が弱い一方で上司にもため口をきくなど社会常識に欠けており、日野所長らによく怒られます。

山本ひかる(涌田亜美)

科捜研の映像データ担当です。

かなりの天然で、空気を読まずに本音を出してしまうのですが、憎めないキャラクターです。

デジタルスキルは高く、映像関連のデータ分析・解析では卓越した能力を発揮します。

◆西田健(佐伯志信)

京都府警本部長。ことなかれ主義で何よりも警察の面子が大事です。

◆石井一彰(蒲原勇樹)

捜査一課で土門の下についています。

クールでスマートな若手刑事(巡査部長)。かつて組織犯罪対策課にいました。

土門とマリコの影響で人間的にも成長中です。第16シリーズから登場しています。

ロタ役とはどんな人物なの?

渡部秀が演じる京都府警科学捜査研究所の研究員です。

名前は、橋口 呂太といいます。

かなり人気の高い役となっていますよ♪

その理由は、可愛いキャラクターというところが人気のようですね。

役柄も虫が苦手ということで少しお茶目な感じとなっています。

しかし、人気の秘密はかわいらしいさだけではないみたいです!

ロタ役の渡辺秀さんはかなりの凄い方です。

その理由は、イケメンである上に癒し系でもあるからです。

ジュノン・スーパーボーイコンテストで準グランプリを受賞したことがあります。

人気なのがわかるきがしますよね。

しかし、そんな橋口さんですが、「変更した?」「降板した?」などとの噂があります…。

ロタ役は変更なのか?

結論から言うと、変更はしておりません。

どうやら、パワーアップをしているみたいですよ!

そんな、人気なロタですが、一部の人からは嫌われているようです。

やはり「科捜研の女シリーズ」は人気作なので、どうしても橋口呂 太の登場によってストーリーのイメージが変わるという意見もあるようです…。

そのため、変更や降板してほしいという想いがありこのような噂がでたのかもしれませんね。

降板する可能性はある?

その可能性は低いかと思われます。

HPでしっかりと登場していますし、マリコが直接指導する部下だということもあるのでこれから成長していくのではないかなと思われます。

そのことから降板することはなと考えます。

重要メンバーだと私は思いますね(^^♪

今回の科捜研の女はシリーズ18となります。

科捜研の女ファンの私としては楽しみで仕方ありませんでした♪

ぜひみなさんも楽しんでみてくださいね(^^♪