下町ロケットファンにとっては、佃製作所や、ギアゴーストの制服でもある作業着を欲しい!と言った方も多いのではないでしょうか?

したし、同じ作業着なんて販売しているのでしょうか?

そこで今回は、下町ロケットの作業着や限定品はあるのかご紹介していきたいと思います!

下町ロケットの概要とは

・放送開始日:2018年10月14日

・放送日:毎週日曜21:00~21:54(初回25分拡大)

「下町ロケット」は、池井戸潤氏によるシリーズ累計300万部突破の大人気長編小説「下町ロケット」シリーズ(小学館刊)を原作とするテレビドラマとなります。

2015年にドラマ化されて、最終回の視聴率は22.3%を記録し、同年度に放送されたドラマの中で視聴率トップとなりました。

下町ロケットのあらすじとは

倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き想いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作者」。

しかし、またしても佃製作所は予期せぬトラブルにより窮地に陥っていきます。

いまや佃製作所のシンボルとなったロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引からの非情な通告、そして、番頭・殿村に訪れた危機!

そんな絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは?

下町ロケットのキャストとは

・佃航平/阿部寛→佃製作所社長

・佃利菜/土屋太鳳→佃の一人娘

・立花洋介/竹内涼真→佃製作所 技術開発部社員

・殿村直弘/立川談春→佃製作所 経理部長

・山崎光彦/安田顕→佃製作所 具術開発部長

・軽部真樹男/徳重聡→佃製作所 技術開発部社員

・財前道生/吉川晃司→帝国重工 宇宙航空部部長

・的場俊一/神田正輝→帝国重工 次期社長候補

・伊丹大/尾上菊太郎→ギアゴースト 社長

・島津裕/イモトアヤコ→ギアゴースト副社長

・神谷修一/恵俊彰→佃製作所 顧問弁護士

・重田登志行/古舘伊知郎→ダイダロス 代表取締役

作業着は発売される?

問題の作業着ですが、残念ながら、現時点での情報では作業着の販売はない様子です…。

もしかすると、しまむらさん社内会議でも作業着の話がでたのかもしれませんが、日常使いするものではないので商品化は難しかったのかもしれませんね…。

皆さんの声が届いて、どこかで販売されるようになるといいですね(^^♪

しまむらZOZOTOWN限定グッズ発売

まず、先行してオンラインショップのZOZOTOWN店から販売を開始しております。

しかし、もうすでに販売日は過ぎておりますので売り切れになっている可能性は十分にありますが…。

◆発売日

2018年10月10日でした。

すでに約月前となりますので売り切れも多いですが、気になる方はぜひ検索されてみてください。

◆グッズ内容

ZOZOTOWN店では、劇中にでてくる「佃製作所」や、新シリーズ鍵を握るベンチャー企業「ギアゴースト」などのロゴやマークが入ったTシャツセットやパーカなど3種類が販売されております。

お値段は、すべて1着 2900円(税込み)となっております。

しまむら店舗での販売はあるの?

◆発売日

2018年10月24日

ちょうど2話目が放送されたあととなります。

一番盛り上がっている時くらいですよね(^^♪

◆グッズ内容

しまむらの店舗では、ロゴやマーク入りのスタジャンやジップパーカのほか、バッグや帽子などの小物商品も含め11種類が販売されております。

小物があるのが、ZOZOTOWN店と異なるところですね。

◆値段

・メンズ スタジャン 2900円(税込み)

・メンズ 裏起毛パーカ 1900円(税込み)

・メンズ Tシャツ 1500円(税込み)

・レディース ジップパーカ2900円(税込み)

・レディース チュニックパーカ1900円(税込み)

・2WAY トートバッグ1500円(税込み)

・キャップ 980円(税込み)

・ニット帽子 980円(税込み)

・ポーチ 780円(税込み)

・今治タオル ハンカチ 480円(税込み)

・チャーム 480円(税込み)

小物類は普段から使えそうなのでとてもいいですよね。

下町ロケットファンも多いと思いますので、気になる方はぜひ早めに足をはこんでみてくださいね(^^♪

◆特典

購入者特典として、名刺などのステッカーなどおまけでついてくるそうです。

貼る場所を選びそうですが、うれしいおまけですよね!

4話のネタバレあらすじ

神谷弁護士は、ギアゴーストが新たしい副変速機を作成後、ケーマシナリーが、たった一週間で特許のクレーム補正をしたことを問題視しました。

ちなみに、クレーム補正とは、特許の侵害になっていることを主張できるよう(クレームがつけれるように)、自社の特許の内容を補正することです。

ケーマシナリーにそれほど迅速な対応が取れたのは、ギアゴーストの内部に裏切り者がいるなによりの証拠となります。

内部によほど精通した者が、情報を漏洩しなければ、絶対に無理なことなのです。

若手女性社員の加納アキが柏田宏樹に買収のことを気づいて話したと打ち明けます。

それを聞いた、伊丹社長と島津裕は、柏田を疑ったものの、衝撃を隠せません。

伊丹は、従業員は家族だから疑えないと感情的になり、神谷弁護士の主張を無視するつもりです。

そこで、神谷はギアゴースト社を訪問し、証拠を本棚から見つけ出します。

そして、島津に一通の封筒を託します。

それは、なんと顧問弁護士の末永とケーマシナリーの顧問弁護士中川京一との関係を示すコピーでした。

二人の対談が載った、法律雑誌のコピーが入っていたのです。

佃は、神谷に裁判の弁護士を頼みますが、負ける裁判を引き受けない主義の神谷は断ります。

それでも、神谷は佃に別のアプローチを教えるのですした。

一方、燕市の殿村家では、殿村の父が頼みますン簿を農業法人の稲本彰に譲る決心を固めようとしていました。

殿村直弘は苦悩します。

妻・咲子は義母の恭子に自然とかかわる農業をする生き方もありかなと話ていました。

さて、実は、ギアゴーストの顧問弁護士・末長は4年前から3億円で、同期の中川べんごしに買収されていたのです。

しかし、伊丹と島津は末永の裏切りに気づいたことを隠し、相手方の出方をみます。

中川弁護士と個人的に親しくないかと、鎌をかけられても知らぬいをする末永。

伊丹は、帝国重工時代に、いくつもの下請けを泣かしてきた報いを今受けているのではないかと弱気に漏らします。

そこへ、中川の助手から、ギアゴーストの買収に興味を持つ企業を紹介すると電話が入ります。

伊丹は島津にも仔細を明かさずに、相手に会いに行くのでした。

すると、現れたのはダイダロス代表取締役の重田登志行でした。

重田は、帝国重工で、伊丹の上司だった的場が切り捨てた重田重工の元社長でした。

父の会長の無念の死を伝えながら、隠し資産で小型エンジンの会社を興した重田。

次はギアゴーストの変速機がほしいといいます。

重田は、訴訟のすべてを肩代わりする代わりに、株式の100%を無償で譲るM&Aをもちかけます。

しかし、従業員の雇用を保証しないという条件に、伊丹は、一度完全に断りをいれました。

けれども、帝国重工と佃の関係を曲げて伝えようとする重田の言葉の尻にのって、持ち帰って検討するという回答をしてしまいます。

一方、佃は大量の学術論文を集め、従業員総出で検討します。

ギアゴーストを救うヒントを探しているのです。

燕市の殿村家では、もう、農業は十分だという父の言葉の裏の思いをくみとって、農業について話してくれという、殿村の苦悩があります。

しかし、父は、佃製作所に行ってからは、お前は立派なサラリーマンになったと、殿村の農業を継ごうという思いを退けるのです。

父親になんの恩返しもしていないという息子に、元気で生きてくれるのが、親への恩返しなのだといいます。

殿村は、佃に、父親も諦めがついたようですと電話で報告します。ところが、寝床を抜け出した父は、田んぼでご先祖様を拝み、頭を下げているのでした。

その後ろ姿を見守る殿村の目に、あふれる涙。

東京では弁護士の中川が、ケーマシナリーの神田川や、ダイダロスの重田と末永弁護士と、悪知恵を働かせています。

末永が、中川との関係を聞かれたというと、反応する中川。

4人の悪党は、ギアゴーストを救おうと、佃倒れるのを心待ちするのでした。

佃家では、利菜と佃が話しています。

利菜は、ロケットから撤退する帝国重工に残るべきか悩んでるのです。

父と、エンジニア同士として話合う利菜は、エンジニアとして父尊敬していると告げるのでした。

佃は、今は目の前のことをやるしかないのだ、結果は黙っていてもついてくるからと話、二人で研究論文を検討します。

ケーマシナリーから訴状が届きました。

佃が発見した古い論文が、裁判に勝つ決め手になるかもしれないということで、神谷はギアゴーストの裁判を引き受けます。

島津が、特許ではなくて、以前から知られている技術の応用に過ぎないと判断した証拠になる論文が見つかったからです。

中川弁護士をたたきのめしましょうと、団結する佃たち。

殿村は、酒の勢いを借りて妻の咲子に、農業を一緒にやってくれと頼みます。

けれど、咲子は自分は保険のために仕事をつづけること、佃製作所に迷惑のかからない辞め方をするようにということを夫に了承させます。

殿村は、みんなが帰った会社で、佃に、実家の田んぼを継ぎたい話ます。

「銀行員を続けていたら、ものづくりの楽しさを知らなかった。農業の素晴らしさもわからなかったはず。佃製作所は自分の恩人です」と。

佃は、殿村こそ、会社を救ってくれた恩人なのだと返します。

「殿が、恩人なんだ。だから、今後は俺にお前の背中を押させてくれ」「よく決めた。よく決めたな、殿」

神谷弁護士は、論文を検討した結果、これだけでは負けだという結論に達します。

もっと別の証拠が必要なのです。

そして、訴訟に負ければ佃たちはすべてを失うことになるのでした。

佃と殿村の機転により、帝国重工による信用調査をなんとかクリアした佃製作所。

ギアゴースト買収へと本格的に動きはじめた矢先、神谷弁護士から呼び出され、「ギアゴーストの開発情報が外部に漏れている可能性がある」と告げられます。

佃製作所の社員たちは、特許侵害訴訟の勝訴へ向けてギアゴーストに協力し解決の糸口を探すが苦戦します。

そんな中、思わぬ形で内通者の存在をしることになった伊丹と島津は驚きを隠せずにいます。

その裏切り者は、なんと顧問弁護士の末永でした。

一方、佃製作所の経理部長・殿村は仕事の傍ら、実家の農作業を手伝っていました。

そんな中ある重大な決心をします。