下町ロケットゴーストが始まりましたね!

下町ロケットファンには待ちに待ったドラマだと思います。

そんな下町ロケットゴーストですが裏切り者がいるとのことで誰なのか?話題となってますね。

そこで今回はネタバレもしつつ誰なのかご紹介していきたいと思います。

下町ロケットゴーストのあらすじとは

倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き想いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作者」。

しかし、またしても佃製作所は予期せぬトラブルにより窮地に陥っていきます。

いまや佃製作所のシンボルとなったロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引からの非情な通告、そして、番頭・殿村に訪れた危機!

そんな絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは?

下町ロケットゴーストのキャストとは

・佃航平/阿部寛→佃製作所社長

・佃利菜/土屋太鳳→佃の一人娘

・立花洋介/竹内涼真→佃製作所 技術開発部社員

・殿村直弘/立川談春→佃製作所 経理部長

・山崎光彦/安田顕→佃製作所 具術開発部長

・軽部真樹男/徳重聡→佃製作所 技術開発部社員

・財前道生/吉川晃司→帝国重工 宇宙航空部部長

・的場俊一/神田正輝→帝国重工 次期社長候補

・伊丹大/尾上菊太郎→ギアゴースト 社長

・島津裕/イモトアヤコ→ギアゴースト副社長

・神谷修一/恵俊彰→佃製作所 顧問弁護士

・重田登志行/古舘伊知郎→ダイダロス 代表取締役

下町ロケットゴーストの第二話あらすじネタバレ

帝国重工のスターダスト計画最後のロケット、ヤタガラス7号のエンジン部品はすべて内部調達で進めていました。

しかし、佃の特許技術をつかわなくては、燃焼試験に合格しません。

帝国重工が、今打ち上げ失敗のまま、ロケット事業から撤退すれば、将来的にも、二度とロケット事業には関われなくなります。

そこで、水原本部長(木下ほうか)は、藤間社長の意を受けて、佃製作所に新たなエンジンバルブシステムの納入を、なんと1ヵ月の納期で依頼しました。

佃と帝国重工の板挟みで、佃の娘の利菜も厳しい立場に追い込まれることになります。

なにより、この成功には、技術の佃製作所の未来がかかっています。断るわけにはいきません。

研究開発費の緊急の調達や、開発そのものの困難さから、佃製作所は、ふたたび難しい局面に立つことになりました。

一方、ギアゴーストが、ケーマーマシーナリーに特許侵害で訴えられ、15億円の損害賠償の支払いに直面したことが、佃製作所に新たなピンチを招きます。

ヤマタニが、ギアゴーストのトランスミッションの採用を一時見合わせにしたからです。

ところが、ギアゴーストの伊丹社長は、この話を佃に通していません。

佃は、ヤマタニから情報をもらったのです。

ギアゴーストを訴えている、ケーマーシーナリーの顧問弁護士、中川京一は、佃の仇敵でもありました。

ダイダロスの重田部長とも通じている中川は、ギアゴーストを追い込むことは、佃を追い込むことでもあり、このような知財案件で優秀な同業他社を安い値段で傘下に収め、発展を重ねているのでした。

さて、佃の顧問弁護士、神谷修一は、ギアゴーストの事態を佃にとってもビジネスチャンスととらえます。

まず、ケーマーシーナリーも特許侵害をしていないかを調べるように提案します。

つまり、リバースエンジニアリングを進め、クロスライセンス契約で損害賠償の15億円を相殺できるなら、佃がホワイトナイトとして15億円でギアゴーストを買収すれば、事実上、無償で優秀な技術を持つ、ギアゴーストを傘下に、収めることができるというのです。

そうすれば、トランスミッションの技術を手に入れて、佃製作所は繁栄できるのです。

軽部真樹男などは、給料があがると一番に乗りきです。

これは、ギアゴーストにとっては、だまし討ちのようですが、佃製作所の利益は計り知れません。

この程度のことは、ビジネスと割り切る世界なのです。

一度は、その方向を選んだ佃でした。

しかし、またボーリング場で島津副社長と遭遇し、ひょんなことで、彼女の車のエンジンを整備することになります。

そのとき、ものづくりに対する島津の熱い思いを佃は、だまし討ち同然に、彼女たちから夢のトランスミッションを作る希望を奪うことに疑問を持つのでした。

ユーザーの立場に立って、快適で斬新で、人の役に立つ変速機(トランスミッション)を作りたいという島津の夢は、佃自身の思いと重なるものだったのです。

佃は、改めて従業員たちに土下座をします。

このビジネスチャンスを棒に振り、情報を提供して、ギアゴースト自身がリバースエンジニアリングに取り組むのを助ける道を選ばせてほしいというのです。

財務担当の殿村が、一番に賛成します。

それでこそ、社長だ。そして山崎光彦以下の社員たちも「佃の専売特許は、商売下手だ」と笑い、社員の総意として、ギアゴーストに技術で支援することをきめます。

ところで、殿村は、まだ時折、実家の農家の手伝いに帰っています。

高校の同級生・稲本彰から、農業会社を設立する話を聞き、実家の農地を預けることも父に提案します。

しかし、もちろん父は断ります。

人間の代わりに働いてくれる機械を作ることができたらと、佃に話す殿村でした。

さて、佃製作所にギアゴーストの社員がきて、共同でリバースエンジニアリングを勧めますが、最初は、両者の社員は反目し合います。

トランスミッション専門のギアゴースト社の検査法は効率が悪いからです。

実際、佃製作所はエンジンバルブの開発にも人手がいる状態です。

なぜなら、商売にもならない技術援助をするのかと、軽部がぶちまけ、乱闘騒ぎになりそうです。

特に、ギアゴーストの若手社員・柏田宏樹は、立花洋介と殴り合いになりそうです。

伊丹社長も、一度は、佃製作所の技術援助を断る決断をします。

ところが、天才エンジニアの島津副社長は会社のメンツにこだわらず、正しい技術的判断をして、両者の反目をおさえるのでした。

そんな島津を、シラケの軽部までが尊敬の目でみつめ、両者の協力はいっそう固いものとなりました。

島津はまた、帝国重工のための佃のエンジンバルブの素材についても、的確なアドバイスをして、恩を返すのです。

島津の助言により、佃製作所は、無事に新しいエンジンバルブシステムを帝国重工に納めることができました。

和解したギアゴーストの社員たちも、わが子とのようにそれを喜んだのです。

その後、佃は会社をあげて、ギアゴーストのリバースエンジニアリングを助けます。

しかし、残念なことに唯一見つけたてがかりも、特許の内容から、特許侵害とまでは主張できないことがわかり、ギアゴーストの社員たちは、肩を落として佃製作所を後にします。

佃は幹部社員を集め、ギアゴーストに15億円の資金協力をさせてくれと頼みます。

このままでは、佃製作所の未来も危ないのです。

なにより、佃は島津たちの志を支えたいのです。

いざというときのたくわえを出すことに最初は反対する社員たちでした。

しかし、佃の情熱に賛成します。

佃はその足で、ギアゴーストを訪ね、資金提供の意志を表明し、ギアゴーストの伊丹も感謝して受け入れます。

午後1時になりました。

勝利を信じていた中川弁護士は、伊丹社長に資金調達ができたといわれて、簡単には信じません。

ところが、次回予告で、だれか内部に裏切り者がいて、せっかくの佃の好意も無になりそうな気配が漂うのでした…。

下町ロケットゴーストの第二話の裏切り者は誰だ!?

「裏切り者は誰だ?!」と第三話の次回予告で大きくテロップとなりでていました。

まさかのスパイ疑惑?なんて感じもでていましたので、もしかしたら佃製作所から?なんて思ってしまいますが…。

知りたい方のためにネタバレします!

ネタバレしたくない方は絶対に見ないでくださいね(^^♪

なんと、情報を流していたのは、ギアゴーストの顧問弁護士:末永孝明でした!!!

中村梅雀さんが演じる、人の好さそうな弁護士さんだったのです。

第二話の演技があまりにもナチュラルなのでえ?!と思った方も多いのではないでしょうか。

前回の下町ロケットの時は、佃製作所の従業員から出てましたが、今回はまさかの弁護士さんでしたね。

この末永孝明はケーマシナリー顧問弁護士の中川京一とつながっていたのです!

また、この裏切り者の末永孝明と一緒にいた後ろ姿の人物もいました。

この人物は、ダイダロス代表取締役の重田登志行です。

古舘伊知郎さんが演じる人物ですね。

第三話の下町ロケットも必見です!

下町ロケットゴーストのみどころとは

今回のドラマ化されるのは「ゴースト」と4作目の「ヤタガラス」の二作となります。

前後編的な位置ふけになっております。

今回は新鋭のベンチャー企業「ギアゴースト社」とのかかわりが注目です。

前作に続き、期待を裏切らない安定いた面白さがあります。

一部の駒となって働く大企業の社員と、人情味あふれる中小企業の社員の対比が、考えさせられるんですよね。

濃いキャラが続々と登場する中、イモトの演技力がネット上でも高評価を得ています。

ぜひ見てみて下さいね(^^♪