下町ロケットの2が放送されることになり、下町ロケットのガウディ編とヤタガラス編の2つがドラマ化となっております。

そんな下町ロケット2ですが、もうすでに6話まで終わり、ガウディ編が終わっております。

なのでヤタガラス編が始まったところとなりますが、ガウディ編でも内通者がおり佃製作所もドタバタしておりましたが、犯人がわかり収まりました。

しかし、ヤタガラス編でも内通者がいるかもしれないような予告となりましたね。

そこで今回はヤタガラス編について詳しくご紹介していきたいと思います。

ヤタガラスとはどういった意味?

下町ロケットに登場する「ヤタガラス」は、準天頂衛星(宇宙空間の一定の軌道上にとどまる人工衛星)の名称となります。

位置情報測定システム「GPS」の性能向上のため、政府の要望により帝国重工が製造しました。

【やたばらす】の意味

やたがらすは「導きの神」と言い伝えられている三本の足を持つカラス。

「古事記」「日本書紀」などの歴史書や、太古の日本神話に登場しています。

サッカー日本代表のシンボルとしてユニフォームのエンブレムに起用されています。

下町ロケット ヤタガラスのあらすじ

ギアゴーストは著作権について訴訟を起こされ、窮地に陥っているところを佃製作所の協力もあり、何とか乗り切りました。

しかし、ギアゴースト社長の伊丹は、農機具の製造をあろうことか佃製作所のライバル会社のダイダロスと提携してしまいます。

佃製作所を裏切る選択をしてしまいます。

その背景にはかつての上司、帝国重工の的場に対する復讐するという思いがありました。

その結果、一緒にギアゴーストを立ち上げた島津と対立し、島津はギアゴーストを去ってしまいました。

ギアゴーストがダイダロスと提携したことで、以前から進められていたヤマタニの新しい農機具のトランスミッション採用の話も白紙になってしまいます。

一緒に協力していこうとしていた矢先に裏切られ、またしても佃製作所は危機に直面します。

財前は帝国重工・宇宙航空部部長として、スターダスト計画の1つである、準天頂衛星ヤタガラスの最終機打ち上げを成功させ、その功績を置き土産に新しい部署へと移動になっていました。

ヤタガラスが打ち上げられたことで、誤差わずか数センチというGPS以上の測位システムが利用できるようになり、様々な分野への応用が期待されていました。

財前は打ち上げ成功の場でスピーチで、「無人農業ロボット」の構想を発表します。

そこには誤差数センチの測位システムを使い、高齢化が進み危機的状況にある、日本の農業を救いたいという思いがありました。

先の願ってもない話というのは、財前の立ち上げる新事業「無人農業ロボット」のキーデバイスである、エンジンとトランスミッションの供給のお願いしたいというものでした。

ここから日本の農業を救うという難題へ、佃製作所の新たな挑戦が始まります。

ヤタガラスの結末ネタバレ【伊丹が佃にライセンス契約を懇願】

伊丹は佃に、トラブルを解決するためライセンス契約したいと頼むのですが、ダーウィンのコンセプトは「下町の技術を世の中に知らしめること」でした。

しかし佃は「道具は使う人に喜んでもらうために作るもの。下町の技術や町工場の意地は使う人には関係ない。本当に大切なことは道具を使う人に寄り添うこと」だと言います。

「それをわからない連中にライセンスは渡せない。顔を洗って出直せ」と断りました。

その後、何度も伊丹から連絡がくる佃は断り続けます。佃は最初、伊丹が信義を貫き男気があると思っていただけに落胆しました。

そんななか佃は、帝国重工が新たに製品化した無人ロボット「ランドクロウ・コンバイン」を見学するため殿村家を訪ねた帰り道、田んぼの真ん中で動かなくなっているダーウィンに遭遇し農家の男性が嫁と途方にくれていました。

ギアゴーストを見捨てることは、ダーウィンの故障で困っている農家を見捨てるのと同じこと。佃製作所の目的は日本の農業を救うことだと思い、ならば救ってあげようとなりました。

財前は藤間社長に、ダーウィンプロジェクトに技術供与することを報告します。

そうすることでユーザーからの帝国重工に対する評価も高まります。

ダーウィンプロジェクトが破綻したら農家は、高額なローンだけが残り、リコールもされず代替え機もない状態に陥ります。

帝国重工の責任ではありませんが、この判断は日本の農業を救うという無人農業ロボット事業の理念に基づいています。

相手がライバル企業のユーザーでも見捨てることは理念に反するし、帝国重工は社会の模範でなくてはいけない。

ヤタガラスの結末ネタバレ

殿村の住む栃木に台風が接近します。

ランゴクロウで作業を終えたあと、ダーウィンが動かなくなった稲本が助けを求めてきて、殿村はランドクロウで助けてあげました。

ランドクロウの売り上げは、当初は苦戦しましたが今は快進撃。

マシンを売るだけでなくICT農業の在り方やライフスタイルを売る戦略大当たりし、農業は帝国重工の収益のひとつの柱になります。

的場は取締役を辞任後、関連会社社長のイスをけり、帝国重工を退社しました。

帝国重工の制作部は新規参入したいところですが、トランスミッションの評価がCと低く、佃製作所の島津が開発する高性能トランスミッションが歯が立たず製造部長の奥沢は悔しがります。

今年も開催されたアグリジャパンで「ランドクロウ」は大人気でした。

ギアゴーストはダーウィンのリコールで費用を負担し、危機に陥りましたが、佃製作所にライセンス契約で助けられ、なんとか乗り切りました。

佃が「信じてくれた人たちを裏切るな 日本の農業のために一緒に頑張ろう」というと、伊丹は涙を流しました。

ヤタガラスでの内通者は誰?

今回のヤタガラス編では、伊丹が佃を裏切るところから始まります。

伊丹のせいで島津もギアゴーストからいなくなり、伊丹とダイダロスの社長の重田の二人が帝国重工の的場への復讐を企み起こった裏切りとなりますね。

しかし、的場に対して復讐が終わり、伊丹は佃に助けを求めますね。

そんな裏切りをされていても佃は農家の人を想って自分の気持ちも押し殺して助けるなんて男前すぎますね…!

結果、内通者はとくにおりませんが佃にとって大きな裏切りは起こります。

ドラマでも原作と同じようにドラマ化されるかは保証ができませんが、原作では上記のような結末となっております(=゚ω゚)ノ

これからのお話がヤタガラス編となりますので、ぜひ見届けてみてくださいね(^^♪